Loading...

Hotel Metoropolitan Sendai

一生を、ご一緒に

scroll
Story-00

待っていた「ひと言」を受けとめた日。

瞬間あらたまった表情に、なんとなく予感を感じた。
information
Story-01

これからを、ここからはじめる。

「おお、こっちもすごいね」圧倒されているのか、彼はさっきから「すごい」としか言わない。
information
Story-02

家族になるのは、私たちだけじゃない。

「ふつつかな娘ですが、よろしくお願い致します」緊張をにじませた父の声に、私もつい胸を詰まらせる。
information
Story-03

愛おしい家族との時間も、あと少し。

「豊富なデザインがありますので」というプランナーさんの言葉に「馬子にも衣装ね」と笑う母。
anotherstory
Story-04

見守られてきて、今がある。

組んだ腕から、伝わってくる父の緊張。
information
Story-05

言葉では伝わらない想いを込めて。

「やっぱりお父さん、泣いてしまったね」涙で言葉を詰まらせる父に、母とふたりで泣き笑い。
anotherstory
Story-06

ふたりの絆を再確認する新しい記念日。

「君のお父さんが泣くのを見て、もらい泣きしちゃって」。そうそう、彼まで目を真っ赤にしていたっけ。
information
Story-07

娘の憧れを叶える、節目の日。

「お姫様みたいにしてください」おしゃまな娘の言葉に、メイクさんも顔をほころばせる。
anotherstory
Story-08

はじまりの場所から、娘を見送る。

「両親が式を挙げたこの場所から、新たな一歩を踏み出したい」娘が読み上げる手紙に、そんなことを考えていたのかと気づく。
anotherstory
Story-09

60歳のアニバーサリーは物語が始まったこの場所で

「赤い帽子とちゃんちゃんこを用意しなくちゃ」。そんな冗談を言いながら、真っ赤な衣装の夫を想像して大笑い。
information
Story-10

as time goes by.いつまでも、一緒に。

「なんだか昨日のことのような気がするよ」最近、頭に白いものの増えた夫がのんびりとした調子で言う。
information

Wedding Planner おふたりの「夢」の続きを一緒に描くパートナーとして

婚姻関係は「婚姻届を提出する」ことで成立するもの。しかし人はあえて結婚式を行ないます。お世話になった方へご報告とともに感謝を伝える場として。そしておふたりで新たな人生を歩み始める節目として。これらの「理由」に応えることこそが、私たちウェディングスタッフの存在意義であると考えております。

特別な日の舞台にふさわしいか確かめるために、お客さまは見学にいらっしゃいます。そこでホテルメトロポリタン仙台の立地、付帯設備、サービスまでを含めた総合力の魅力を精一杯お伝えし、評価をいただくところから私たちの仕事はスタートします。

さらにおふたりの希望や期待を汲み取り、ぼんやりと描いていらっしゃる「夢」の続きをお見せすることが私たちの務め。ときに対応できかねる場合にもそれに代わるご提案をし、100%ご満足いただかなければなりません。

かつてお客さまのご要望に、どうしても対応しきれなかったことがありました。そのときはスタッフに相談をしながらご案内しましたが、「自分に力があれば、もっとご満足いただけたのに」と非常に後悔したことが、今も忘れられません。

結婚式に向けての準備は、これから夫婦生活を送るふたりの「準備運動期間」。お互いに喜びあい、ときにぶつかりながら、ともに創りあげるものです。そんなおふたりの想いを、精一杯叶えていきたい。そしておふたりが抱く「夢」の続きを、一緒に描かせていただければ幸いです。

詳しくはこちらから

作り手の強い「想い」が料理の味をより深くする

「温かいものは温かく、冷たいものは冷たくして提供する」「新鮮な食材を使用する」——こうした「こだわり」は、料理人として大前提のことです。料理をさらに味わい深くするのは、素材やテクニック以上に作り手の「想い」であると私どもは考えています。決して精神論的な話ではありません。忙しくても弱音を吐かず善処する。仕込みや盛りつけで声を出し合って励ましあう。間に合わないときは汗水流して走る。こうしたスタッフ間の協力、信頼、信用、なにより「懸命さ」

の有無によって、料理の仕上がりはまったく違うものになります。

この想いを共有する事は、キッチンスタッフだけではありません。ウェディングコース料理は、品数が多いものです。しかし食材の鮮度など、すべてのひと皿をベストの状態に持っていかねばなりません。そのために担当プランナーやサービスキャプテンをはじめとしたウェディングスタッフと連携し「どう改善すべきか」を考えるのです。当然そこに「できない」という選択肢はありません。おふたりにとって、そして御両家様にとって最良の一日にするために、私どもは心をひとつにするのです。

この「想い」が報われるのは、お客様からの「おいしくいただきました」という言葉です。この感激に代わるものはありません。

私どもが自信を持ってお届けするお料理で、おふたりの「人生の1ページ」をお手伝いさせていただければ幸いです。

詳しくはこちらから

「二世代ウエディング」を担当する日を願って

私どもが何よりうれしいのは、結婚式後のおふたりに、人生の節目節目でホテルメトロポリタン仙台をご利用いただくことです。ご兄弟・姉妹の結婚式など、ホテルにお越しいただく度にお顔を拝見し「これからもよろしくお願いいたします」と背筋を正す心地にさせていただくのです。

またお子様誕生のご報告からはじまり、レストランでのお食い初め、お宮参りや七五三などお祝いごとでお会いして、お子様の成長を見守らせて

いただくことが至上の喜びです。

このような得難い関係を築くきっかけとして、おふたりをクリスマス礼拝など季節ごとに、ホテルのイベントのご案内を差し上げております。またランドマークチャペルで結婚式を挙げられたおふたりには、誓った言葉を記した「エテルニタブック」に新たな誓いを書いていただき、絆を結ぶお手伝いをしております。

ともすると「ホテルでのイベントは敷居が高い」と思われがちですが、ぜひおふたりの「マイホテル」としてランチスポットやカフェとして気軽に利用していただければと存じます。

ホテルメトロポリタン仙台とのお付き合いが結婚式の後もつつがなく続くように、そしていつかお子様の結婚式でお越しいただけるように。「親子二世代ウェディング」で、おふたりを担当させていただく事が私の夢です。